映画「竜とそばかすの姫」のブルーレイBOX・DVD-BOXの発売日・予約特典・レンタル開始日などの情報をいち早くご紹介します。


細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」が2021年7月16日より全国の劇場で公開されています。

原作、脚本、監督を担当するのは『サマーウォーズ』や『時をかける少女』など数々の大ヒットアニメーション映画を手掛ける細田守監督。

インターネット上の仮想世界を舞台に、”田舎の女子高生”と”世界的人気を誇る歌姫”という2つの顔を持つ主人公が悩み葛藤しながら未来に向けて成長していく物語です。

映画「竜とそばかすの姫」公式サイト


販売価格は変動する場合がありますので、最新の価格は各販売ページにてご確認ください。

参考価格
予約開始前
楽天ブックス
送料無料
予約開始前
セブンネット
店頭受取:送料無料
予約開始前
HMV
店頭受取:送料無料
予約開始前
TSUTAYA
店頭受取:送料無料
予約開始前
タワーレコード
店頭受取:送料無料
予約開始前
ビックカメラ
送料無料
予約開始前
予約開始前
ヨドバシ
送料無料

スポンサーリンク

「竜とそばかすの姫」BD・DVDの発売日は?

映画「竜とそばかすの姫」のBlu-ray・DVDの発売日はまだ発表されていません。

映画の公開期間は通常1~3か月ほどですので、Blu-ray・DVDの発売は早くても2022年1月頃になりそうですね。

公式の発表があり次第、発売日や特典、レンタル開始日などこちらでご紹介したいと思います。

あなたが思う見どころは?アンケート実施中!

ココが一押し!今作の見どころは?(複数回答できます)

【発売中】公式グッズ一覧


最新版!興行収入速報・推移

公開前から第74回カンヌ国際映画祭の「カンヌ・プルミエール部門」に日本映画として唯一選出され、世界中の注目を集めていた「竜とそばかすの姫」。
公開初日から3日間で27万人を動員し、興行収入は3億円を超える好スタートを切りました。

その後、公開から57日間で観客動員数423万人・興行収入58億7000万円を突破。
細田守監督作品の最高興行収入・58億5000万円(2015年公開「バケモノの子」)の記録を更新しました。

10月22日からMX4Dでの上映も開始され、公開から115日間で興行収入65億円を突破しています。

2021年公開・日本国内の興行収入ランキング
1位 シン・エヴァンゲリオン劇場版:||
(3/8公開)
102.8億円
2位 名探偵コナン 緋色の弾丸
(4/16公開)
76.5億円
3位 竜とそばかすの姫
(7/16公開)
65.3億円
4位 東京リベンジャーズ
(7/9公開)
44.7億円
5位 るろうに剣心 最終章 The Final
(4/23公開)
43.4億円
6位 花束みたいな恋をした
(1/29公開)
38.1億円
7位 マスカレード・ナイト
(9/17公開)
37.7億円
8位 ワイルド・スピード ジェットブレイク
(8/6公開)
36.4億円
9位 ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM Record of Memories
(11/3公開)
35.5億円
10位 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション
(8/6公開)
32.4億円

映画情報まとめ

50億人がすれ違う

美しくも残酷な仮想世界。

ベルの歌声は世界を変える――

自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・内藤鈴(すず)は、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。
母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探しアンベイル。

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。
二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。

引用元:映画「竜とそばかすの姫」公式サイト

仮想世界と現実世界が描かれる本作。細田作品ならではのファンタジーとリアリティの融合、そして映像美に注目です。
バーチャルの世界が舞台になっているという部分は『サマーウォーズ』を連想させますが、最新作ではどのように描かれるのでしょうか。

また本作の見どころは何と言っても音楽ですね。
特に、インターネットの世界でカリスマ的な人気を誇る歌姫・ベルの歌声は圧巻。
主人公・すず(ベル)役は、今作が声優初挑戦となるシンガー・ソングライターの中村佳穂さんです。

作品を彩るサウンドトラックも評価は高く、ネット上でも絶賛の声が多く見られました。

感想・評判まとめ

声優キャスト


すず/ベル 中村佳穂
佐藤健
しのぶくん(久武忍) 成田凌
カミシン(千頭慎次郎) 染谷将太
ルカちゃん(渡辺瑠果) 玉城ティナ
ヒロちゃん(別役弘香) 幾田りら
ジャスティン 森川智之
イェリネク 津田健次郎
スワン 小山茉美
ひとかわむい太郎・ぐっとこらえ丸 宮野真守
吉谷さん 森山良子
喜多さん 清水ミチコ
奥本さん 坂本冬美
中井さん 岩崎良美
畑中さん 中尾幸世
すずの父親 役所広司

主題歌


映画「竜とそばかすの姫」の主題歌はmillennium parade × Belle(中村佳穂さん)の『U』です。

常田大希さん率いるmillennium parade、多数のヒット作の音楽を手掛ける岩崎太整さん、ゲームクリエーター小島秀夫さんの長年のコラボレーターであるLudving Forssellさん、そして米津玄師さんの『パプリカ』『馬と鹿』を手掛けた坂東祐大さんという豪華クリエイターによって制作された楽曲となっていますよ。

『U』は、8月18日にシングルCDとしてリリースされています。